記事一覧

光明は見えたと思いたい

M3-3H

ロッテについて考える前に、日付が変われば3・11ですね。思いを胸にプレーする仙台出身の彼が活躍した、鷹との第1戦(公式リンク)でした。平沢です(日刊記事リンク)。

好調を証明、千賀のフォークをジャストミートしてのタイムリー長打。しっかりと成長を見せてくれています。千賀にしてみれば初回の2点はミスやアジャの当たりそこねでしたから問題なかったでしょう。仕上げにさくっと平沢を打ち取って気分よく降板したいところだったでしょうが、そうは問屋をおろさせませんでした。お見事な一振り、これも藤岡効果か。その藤岡、やはりここまで欠場が続くのはなかなか首の状態が思わしくないのでしょうか…無理をさせないということでもありましょうが。

対千賀に戻りますが初回、ミスにつけ込んでの先制だけではなく3回にも見せ場、チャンスでアジャが剛速球をしっかり打ち返してのレフト前…という当たりだったのですが、名手今宮のファインプレーに阻まれました。しかし完全にとらえていましたからね。荻野も長打を打ちましたし、光明は見えたかな?

速球をいかに打つかがテーマのマリーンズ、そういう意味では9回、サファテが出てきたところでアジャに代打細谷はちょっと残念でした。もちろん細谷にも出場機会をあげなくてはいけないのですがそういうことではなく、アジャがサファテの速球にどう立ち向かうか見たかったんですよね…なお連日注目のショーゴはさすがに小休止、そりゃそんな日もありますわね。

投手陣では涌井は暴投の1点だけで危なげなし、大隣は古巣の球場でコントロールが冴えました。戦力になりますねこれは。益田の一発はちと残念ではありますが。

読んでいただきありがとうございました。
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

千葉ロッテマリーンズ ブログランキングへ

ブロトピ:野球に関する記事なら何でも

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント