記事一覧

南…高濱…

M2-7Bsロッテについて考えることは喜びである。マリ男です。中盤までは接戦でしたがリリーフ南がぶち壊してジエンド。T岡田はロッテの弱みでも握っているのかと言うキラーぶり。悲しい限りです。打線では特筆事項はありませんが個人的に悲しいのは高濱。クビになりたいのでしょうか。やる気出せよ!読んでいただきありがとうございました。にほんブログ村千葉ロッテマリーンズ ブログランキングへブロトピ:野球に関する記事な...

続きを読む

猪本の日

M6-2Bsロッテについて考えることは喜びである。マリ男です。今日は彼の日でしょう。プロ初打点目出度い、猪本です。堂々としたウィーアーといい、とにかく元気の良さが素晴らしい。今のチームに足りなかったのはこの覇気なんですよね。T岡田に何本打たれたら気が済むのか、とかそういう愚痴はおいておいて、唐川もリリーフも頑張りました。たまにはこんなスカッとした勝利があってもいいですよね。今夜の酒は、美味いです。...

続きを読む

巻き添え?の2人

ロッテについて考えることは喜びである。マリ男です。予定通りの井口さんだけでなくもう2人抹消。肘井と香月。こんなに上げてすぐ落とさなくても…とは思うのですが。2人とも好きな選手だけにね。ほとんど出番のなかった肘井はパワーがありますよね。以前見たファームの試合ですがとんでもない打球を打ってました。不運な顔面死球からはや2年、エルボーを突きだす応援がまたやりたい。待ってるぞ!香月はもう1試合ぐらい我慢し...

続きを読む

まぐれは続かん

M0-3Hロッテについて考えることは喜びである。マリ男です。やはりこれが今季、まぐれは続きません。和田相手に全く手が出ず、連勝ストップです。直球を狙って当たらないのですから話にならない、引退の井口がお手本のようなヒットを打ちましたが後に続けず。このままでは来季もまたカモにされるのは間違いなし、恥ずかしく思いましょうよ。二木は8回3失点、頑張りました。チームが違えば、ソフトバンクなら二けた勝てている...

続きを読む

武士の情けか、ビバ福岡

M6-3Hロッテについて考えることは喜びである。マリ男です。井口さんの打球を何と何とありがたいエラーで貴重な追加点。古巣福岡の人情、優しさがなせる業でしょうか。思えばヒロインのルーキー有吉も九州三菱の出身、博多のあたたかさにも助けられての今季初の4連勝です。天敵千賀はキレキレで三振はバッタバッタと奪われましたがやっぱり野球はホームラン。カックの技ありジャストミートに、ペーニャの豪快弾で主導権を握り...

続きを読む

ついでに狙え4連勝

M10-3Hロッテについて考えることは喜びである。マリ男です。今更ながらの3連勝&2ケタ安打の大勝、もっとも内容的には通常営業で、5点リードからあっという間に2点差に追いつめられるのはいつものお約束、それでも踏ん張った酒居と突き放した打線に拍手を送りましょうね。ヒーローインタビューは大地、福岡のファンに勝てていないことを詫びるような内容が印象的でした。毎度毎度ボッコボコにされた挙句に最後はサファテ...

続きを読む

なんと連勝。関谷踏ん張る

M2-1Eロッテについて考えることは喜びである。マリ男です。最後はオコエに被弾、ヒヤリとしましたが何とか連勝。打ったメンバーも偉いですが今日は関谷でしょうね。1回2回と絶体絶命のピンチ、踏ん張り切り抜けました。チェンジアップが効いていたように思います。来季のローテ争い、楽しみになってきましたね。ミッキーが心配ですけど、ともあれ意地の連勝で勝ち越し。この粘りを次カードでも…読んでいただきありがとうご...

続きを読む

カックはもちろん、ショーゴの意地打

M5-3Eロッテについて考えることは喜びである。マリ男です。祝杯を飲みながらプロ野球ニュース、ロッテへのコメント、なし!…まあ話題がないですから仕方ない、独走の趣のソフトバンクをアシストする形になってしまいましたが、そもそもここまで楽天がよく頑張ってきたと言うべきか。マリーンズ相手にはあれ程ギッタギタのボッコボコで爆発する西武打線が2日間手も足も出ないのですから、やっぱ強いわ鷹は。初回にスタンが踏...

続きを読む

じゃないほうの中村奨

M2-6Eロッテについて考えることは喜びである。マリ男です。試合?もういいでしょう。例によってまたしても自分を見つけられなかった五右衛門には失望しましたが、まあいいや。とりあえずそのムサいヒゲを剃ったらいいんじゃないですかね。似合う似合わないではなく、何か気分を変えた方がいいんじゃないかと。ついでに髪も切ったら?さて世間では甲子園を沸かせるスラッガー中村奨成選手の話題で持ちきりなんですけどね。あの...

続きを読む

石川が自分を見つけるまで今季は終われない

ロッテについて考えることは喜びである。マリ男です。涌井も酷いがこの男の不調もまた今季の大誤算。五右衛門です。WBCが思えばケチのつき始め、とんと勝てない果ては投げ方を見失い浦和に旅に出る始末。3勝9敗、波に乗れぬまま夏が終わろうとしています。生命線のシンカーも速球も、何とかキレを取り戻してくれないと今季は終われません。それでなくても涌井も不調、西野や大嶺は帰ってこない、唐川は唐川…な投手陣ですからね。新...

続きを読む