記事一覧

ファンだから書くが、今日の荻野はない

M0-5Tロッテについて考えることは、喜びである。マリ男です。いまさら負けるのはいいのですが、あまりにも1点を粗末にしすぎではないでしょうか。0-3の4回、ノーアウト2塁。荻野、ショートゴロ。なぜ右に打ってくれないのでしょう。ワンアウト三塁で1点返して、何とか体制を整えようという意識はないのでしょうか。結果はともかく意図がまったく感じられないバッティング、サインもグッズも持ってますし本当に好きな選手だ...

続きを読む

サントス、そんで益田松永上げ

ロッテについて考えることは、喜びである。マリ男です。さあ公示、サントス、益田、松永が上がってきました。抹消は東条、高野、三家。振るわぬ中継ぎ陣は仕方がないとしても、三家はちょっと残念、可哀想。外野手なのでいたしかたないのですが、パレイディーを落とした方がいいのではないでしょうか。まさかこのまま終了まで使い続けて、史上最低記録でもつくるつもりでは…と、穿ちたくなってしまいますね。昨日大嶺がやらかした...

続きを読む

石川が行方不明。三木のバントが救い

M7-15Tロッテについて考えることは、喜びである。マリ男です。…マンガにもならないような長すぎる、酷過ぎる試合でした。ピンチで動じない制球力。力のあるストレート。切れ味抜群のシンカー。あの石川は、どこへ行ってしまったのでしょうか。マウンドにいるのは、何だかちょっとムサくなって、かつて阪神にいた下柳のようなルックスの投手。しかし下柳のような豪胆さがあるわけでもなく不甲斐なさすぎるピッチングでした。あ...

続きを読む

「挑発」ポスター。どんなに弱くてもッ!

ロッテについて考えることは、喜びである。マリ男です。今年もあるとは聞いていた、マリーンズ恒例の交流戦挑発ポスター。蓋を開けたらマンガがコンセプト、内容は報道を見ていただければと思うのですが、球団ごとにタッチを変えた絵柄でいじっています。阪神…ヤンキー漫画調。「霧」「33点」など、あの日本シリーズネタ。個人的には一番分かりやすく出来が良かったです。広島…少女漫画調。「神ってる」をネタにしているのでしょう...

続きを読む

さあ交流戦。トラ・トラ・トラ。い、糸井…

ロッテについて考えることは、喜びである。マリ男です。さあ交流戦が始まりますね。最初は阪神戦からスタート。2年連続でマリンなんですね。関西のファンは少し残念かも、まあオリ戦もあるからそうでもないか…いまいち調子に乗れない石川と、今季は乗っている秋山とのマッチアップ。僅差で現在セ2位のチームですから、昨年の3タテのイメージで行くと、痛い目を見ることになりそうです。何よりも相手に彼がいるのがデカい。デカ...

続きを読む

昨日の駿太レーザーと、大嶺の立往生

ロッテについて考えることは、喜びである。マリ男です。昨日の悔しい結末。ツーアウト2塁から荻野がセンター前、しかしセンターの駿太から矢のようなストライク返球が帰ってきて残念、ゲームセット。滑り込むどころかその前に立ち尽くす、立往生のような形でアウトになった大嶺が印象的なラストシーンでしたね。しかし凄かったのが駿太の鉄砲肩、彼には昨年も井口でしたかのタイムリー性の当たりを好捕された記憶、攻守でマリーン...

続きを読む

さて交流戦、マリーンズの打順は…

ロッテについて考えることは、喜びである。マリ男です。最後に負けてミソはつけましたが、立て直しの兆しは見せて迎える交流戦。さすがにここまで酷い状態で迎えることはなかった近年、まあ少しでも希望が見いだせればいいなあ、と肩の力を抜いて臨みましょう。打線がずーーーーーーーーーーーっと固定できずにきた今季でしたが、前のブログでも書きましたがどうにか形にはなって…きたかな?という趣。サントスも合流間近というこ...

続きを読む

大嶺荻野、2連打でフィニッシュする負け

M1-2Bsロッテについて考えることは、喜びである。マリ男です。カックの復帰初タイムリーで始まったゲーム、しかしやっぱり山岡を打ちあぐんだのが最後まで響きました。1点ビハインドの最後の最後、2死から大嶺2ベース→荻野ヒット、しかしホームでアウト。悔しい2連打での負けフィニッシュ、交流戦には借金19、チーム打率は2割2厘で臨むことになりました。相手が弱り目とはいえ関谷は頑張った、継投は結果論なので難し...

続きを読む

二木は希望。びっくり3連勝

M2-1Bsロッテについて考えることは、喜びである。マリ男です。ウソだろ?といいたくなるような響き。3連勝ですよ皆さん。もちろんのこと今季初、何と言っても殊勲は二木です。初完封こそ逃しましたが、とにかく素晴らしかったのが無四球だったこと。負担のかかっていた中継ぎ陣、特に大谷内を休ませることもできました。本当に孝行息子です。糸を引くような、という表現がぴったりくるストレートが良かったですね。外へ低め...

続きを読む

サントスの理想形は、あの外国人

ロッテについて考えることは、喜びである。マリ男です。そうえいば新外国人サントスが来日しましたね。確かに現場が求める大砲タイプではないのですが、とにかく低調な打線に刺激を与えてほしいです。パワーヒッターの多い外国人助っ人、俊足タイプと言うのは珍しい。ネットの記事でも見かけましたが、近年で思い浮かぶのは西武とオリに4年間在籍したエステバン・ヘルマンです。2012(西武)打率270 3本塁打 41盗塁201...

続きを読む