記事一覧

今年のプロ野球ニュース予想は…

ロッテについて考えることは喜びである。マリ男です。日付け変わって開幕の日ですね。昨夜のプロ野球ニュースは解説陣による恒例の大予想大会、昨年はAクラス3人にBクラス12人と低評価だったわけですが(昨年のブログ)今年は。2位:4人(平松、斎藤、笘篠、デーブ)3位:7人(谷沢、大矢、高木、池田、野村、岩本、里崎)4位:4人(江本、田尾、松本、金村)さすがに好調のオープン戦もあってか11人がAクラス予想。昨...

続きを読む

なるか、デスパ封じ

ロッテについて考えることは喜びである。マリ男です。昨日の友デスパイネが敵に回る3連戦。是が非でも打たれたくはないわけなんですけれども、伊東監督の記事がありました(日刊リンク)「狙い球が分かりやすい打者。普通に投げれば抑えられる」とさっそくの先制「口撃」。果たして宣言通り抑えられるか、はたまたこれがフラグになってしまうのか。ヤフオクは得意にしていたデスパ。マリンで広さや風で超えなかった打球が、余裕で...

続きを読む

たかが開幕、されど開幕

ロッテについて考えることは喜びである。マリ男です。いよいよ開幕シリーズの福岡に乗り込んだマリーンズ。ヤフオクドームは人工芝が張り替えになったようで、入念にチェックをしたようです(日刊記事リンク)何事もスタートは大事、各チーム必勝を期してかかる開幕戦。もちろん勝てばいいんですが、たかがされどの1戦ではありますが、考えようですが143分の1、仮に負けてもそこからが大事、チームとして切り替えられるかどうか...

続きを読む

ロッテファンの優勝予想は37.7%

ロッテについて考えることは喜びである。マリ男です。ベースボールキングの記事が面白かったですね(リンク)。パリーグファンの、自チームに対する意識調査。ソフトバンクファンは実に91パーセントが優勝予想、Bクラス予想はわずか1パーセント、そりゃそうだろうという感じではあります。オリは逆に優勝予想20にBクラス予想が48パーセントと、随分とネガティブ。でマリーンズファンはと言いますと優勝予想は37.7パー...

続きを読む

3位3人4位4人。週ベの順位予想

ロッテについて考えることは喜びである。マリ男です。先週の週刊ベースボールに、解説者7人のパ順位予想が出ていましたね。さてマリーンズの予想とコメントを順にみていきますと。伊原春樹氏:4位 デスパイネが抜けたが、新外国人次第西本聖氏:4位 オープン戦好調だし、佐々木が先発で活躍すれば面白い存在になる川口和久氏:3位 投手陣がいい。トップ2に迫る台風の目になる可能性武田一浩氏:3位 佐々木は新人では最も...

続きを読む

唐川すげえ。完封リレー締め

M2-0Gロッテについて考えることは喜びである。マリ男です。鮮やか完封リレーはお見事(公式リンク)。負けるよりは勝って締める方がやっぱりいいですよね。堂々の1位、原動力の投手陣の中でも出色だったのが彼。この日先発の唐川です。3試合で防御率はなんとゼロ。(日刊記事リンク)ストライク先行で投げられたと本人のコメント、そうなんですよね持ち前の制球が影を潜めていた故のここ数年の不振でしたからね。さらに直球...

続きを読む

打線小休止

M0-2Gロッテについて考えることは喜びである。マリ男です。まあさすがに負けることもありますよね。好調の打線が一転沈黙で、零封負けとなりました(公式リンク)初回の逸機がもったいないといえばそうですが後はほとんど音なし、まあシーズンを前に引き締めることができたと前向きに捉えましょう。涌井は2失点(サンスポ記事リンク)。開幕戦にむけては問題ない感じだと思います。リリーフ陣の無失点は心強い限りですね。読...

続きを読む

25年ぶりの1位&石川帰還

ロッテについて考えることは喜びである。マリ男です。一昨日の圧勝で、オープン戦1位も確定していたようで。毎度順位に意味がないと踏まえたうえで、内容の充実ぶり、特に投手陣の頑張りが目を引きますよね。(日刊記事リンク)競争があるからという指揮官のコメント、確かに例年とは明らかに違い、いい意味で起用に頭を悩ませることになりそうな予感ですね。先発争い、内野争い、外野争い、いずれも激戦です。そして石川がWBC...

続きを読む

打線満開、西野は五分咲き

M13-4DBロッテについて考えることは喜びである。マリ男です。4発15安打13点(公式リンク)。オープン戦とはいえこれだけ打ってくれれば気持ちいいの一言です。このままいけば今年の最大のヒットになるかもしれない「セカンド大地」の生き生きした暴れぶり、両外人とくにダフィー様の弾道は完全に当たり外人のそれとしか思えず、さらには中村伊志嶺という競争まっただ中危機感ありありの面子まで奮起のアーチですから凄...

続きを読む

先発運用、結論は

M1-1Dロッテについて考えることは喜びである。マリ男です。中日との一戦はドロー、しかし負けないなあというかチャンスはいっぱいあったから勝てた試合ではあったんですけどね。不完全燃焼は打撃陣だけではなく先発の佐々木も、1失点と結果は出しましたが内容的には微妙でした。その先発運用についての記事(フルカウント記事リンク)。この日も無失点だった大嶺を第二先発のような形に、西野はやはり不安があるので休ませな...

続きを読む