記事一覧

ナバーロの対応を一両日中にも?

練習試合 M5-2斗山(韓国)ロッテについて考えることは喜びである。マリ男です。韓国チームとの練習試合(公式結果)。実績のある外国人、スタンリッジが2回無失点の試運転は流石。チェンやイデウンが今のところよろしくないだけに、ほっと一息ですね。ドラフト2位の関谷。初先発は4回1失点、カーブが効果的に決まっていたようで、ルーキーとしては悪くないのではないでしょうか。「投げ下ろす」という形容詞がぴったりく...

続きを読む

ソフトバンクに勝たんかい

練習試合 H8-3Mロッテについて考えることは喜びである。マリ男です。ソフトバンクには逆転負け(公式試合結果)。古谷、チェンの両左腕が打ち込まれ、先発4番手以降に不安が残りました。逆に大嶺祐はもう、今年も堂々の3番手で行けそうです。先日の番組(動画)でもらった、ほのぼのとした感動は忘れがたく、あのジージーや琴菜さんに恥ずかしい成績は絶対に残せないし、残さないはず。怪我などで思うようにいかなかったこ...

続きを読む

ロッテでトリプル3は不可能なのか

ロッテについて考えることは喜びである。マリ男です。27日の先発は古谷のようですね。CS登板では負けてしまいましたが、ソフトバンクは相性の良い相手です。昨年は股関節痛で出遅れ。35歳のシーズンですが、先発では貴重な左腕ですから奮起を期待しています。さて今週の週刊ベースボールは「トリプル3」特集でした。柳田、山田と一気に2人も誕生した昨年。2人だけでなく育てたコーチにもインタビューしており、なかなか興味深...

続きを読む

アジャは本物か

練習試合 M6-4Lロッテについて考えることは幸せである。マリ男です。所用もありすべては見れなかったのですが、ライオンズとの練習試合に勝利(公式)。イデウンVS菊池。剛速球だけど隙がある投手同士の対戦でしたね。敵ながら菊池はあんなに素晴らしいボールがあるのにもったいないなあと思います。途中、内野ゴロのバックホームで、吉田がうまく追いタッチで刺した場面がありましたね。チーム挙げての練習の成果もあった...

続きを読む

そんな細谷に騙されて

練習試合 M4-4Bsロッテについて考えることは喜びである。マリ男です。平沢に待望の初安打(日刊記事)。見逃せばボールの本当に難しいコースを、うまくすくい上げ、いいところに落ちてくれました。角中を思わせるバッティング。何にせよ、1本出たことで気持ちは楽になるはず。守りもしっかりこなし、本当に楽しみになってきました。井上もタイムリー、二木も無失点。収穫ありのゲームでした(「ひとり大相撲」の川満を除い...

続きを読む

応援歌新曲

ロッテについて考えることは喜びである。マリ男です。ナバーロが釈放されました(スポニチ記事)。処分はこれからになります。「野球で恩返ししたい」。その言葉を信じて、帰ってくる日を待ちたいと思います。騒動で忘れていましたが、応援歌、今年の新曲3曲がオープン戦で使われていましたね(MIDIでアップされている方の動画)。中村、田村、そしてナバーロ。中村の原曲は「よっしゃあ漢唄」。空手家の角田信朗さんが歌って...

続きを読む

平沢に希望を見たい

ロッテについて考えることは喜びである。マリ男です。ナバーロについて、同情する声もあるにはあります(スポニチ記事)。処分が決まるのを待つしかないですね。チームメートはこんな感じ(同じくスポニチ)。さすがメジャーにもいただけあって井口さん、落ち着いていますね。見た目も中南米っぽいし(←関係ない)。朝起きてスマホ見てびっくりって平沢、それ俺と一緒だから!まあ関係者も混乱していたことは容易に想像できますし...

続きを読む

苦い一日、苦い酒、変な汗

それでも、もちろんロッテについて考えることは喜びである。マリ男です。ニュースで、ワイドショーで、ヤフーで「ナバーロ逮捕」「ナバーロ容疑者」。字面から受けるインパクトは大きいです。「おうマリ男、あのさ、ロッテの外人がさ…」知ってるよ。みなまで言うな。いや残念ですよ無念ですよ申し訳ないですよ。何かホントすいません…ってよく考えたら俺は別に何もしてないんだけど…何ともはや、モヤモヤした一日が終わりましたね...

続きを読む

寝耳に鉄砲水

ロッテについて考えることは喜びである…が、マリ男です。うまい酒を飲んでグッスリ、翌朝コレ(日刊記事)。思わず携帯を3度見しましたよ。トホホホ、ナバーロ…いろいろ思うところはありますが、事態を取りあえず見守りたいと思います。にほんブログ村...

続きを読む

平沢、焦らなくていい

オープン戦 F4-3Mロッテについて考えることは喜びである。マリ男です。第2戦はハム戦。さすがに勝手知ったる相手、昨日のように打線爆発とはいきませんでしたがナバーロ2戦連発!今度はバックスクリーンでした。さらに安打も放って言うことなし。先発のチェンは最後に崩れてチェンチェン大丈夫…とはいきませんでしたが、相性がいいカードだけに、随所に相手が嫌がるボールは投げ込めていたと思います。イデウン、スタンと...

続きを読む