記事一覧

クルーズ2番って

ロッテについて考えることは幸せである。マリ男です。マリーンズから巨人に移籍したクルーズについてのゲンダイの記事が、ヤフーにアップされていました記事。“守備の人”クルーズ 巨人で託される貧打「救世主」の役割。昨年2番に川端を置いて優勝したヤクルトのように、強打者をあえて配置するとなるとクルーズが適任―とのこと。「右打ちがうまく小技もきいて」とありますが、クルーズの犠打は2年間で0(中軸が多く犠打の機会が...

続きを読む

センバツと海坊主

ロッテについて考えることは喜びである。マリ男です。高校野球の選抜大会の出場校が決定しました。まだまだ寒いですが、球春が近づいていることを実感します。マリーンズにも、センバツの大舞台で活躍したかつての球児がたくさんいます。出場経験がある選手は数えるときりがありませんが、優勝を争うところまで勝ち上がるのは並大抵のことではありません。エースの涌井は2003年の春、横浜高の先輩成瀬とともに準優勝。決勝戦ま...

続きを読む

リアル鉄人、池田寮長

ロッテについて考えることは喜びである。マリ男です。始めに朗報。今年はあるのか不安だったニコニコ動画のキャンプ中継、あるみたいですねサイト。休みの日とかにダラッと見るのに最高。定点カメラも味があっていいんです。なんせ石垣は遠いですからね。貴重な映像、ありがとうございますと言いたいです。キャンプと言えば今週の週刊ベースボールはキャンプ特集でした。「キャンプを支える人々」として、打撃投手の池田重喜さんが...

続きを読む

「翔破」どうでしょう

ロッテについて考えることは喜びである。マリ男です。マリーンズの今季のチームスローガンは「翔破~熱き心で!~」。伊東監督が就任した2013年から続く「翔破」シリーズです。(2013年は「翔破〜頂点を目指して〜」、2014年は「翔破 〜頂点へ、今年こそ。〜」2015年は「翔破 熱く!勇ましく!!泥臭く!!!」)毎年コロコロ変わるよりは、一貫性があるのは悪くないと思います。鴎を連想させる、羽のマークもいいですね。...

続きを読む

ナバーロの優等生発言

ロッテについて考えることは喜びである。マリ男です。来日が楽しみなナバーロの近況が、ベースボールチャンネルに掲載されていました。ベースボールチャンネル記事。現在ドミニカのウインターリーグでプレーしているようです。中日のエルナンデスがチームメート、とあります。ナバーロで気になっていたのが素行面。「規律や忍耐力を持ち、チームメートとうまくやっていく。日本でも当然のこと」というようなコメントでした。そりゃ...

続きを読む

フォースの覚醒

ロッテについて考えることは喜びである。マリ男です。はじめに、昨日更新した南結婚のニュース、報道も記事来てましたね。おめでとうございます。オフがメロン記念日って(笑)。そして春季キャンプの、1軍2軍振り分けも発表されました。予想通りルーキー平沢が1軍スタート。藤岡唐川が2軍なのが少し意外だったかな。現有戦力に加えて、「覚醒」一気に力を伸ばす選手がどれだけたくさん出てくるかがシーズンのカギを握ります。...

続きを読む

南結婚?

ロッテについて考えることは喜びである。マリ男です。ネットでついさっき見かけたのですが、南投手が歌手の柴田あゆみさん?と結婚するという情報がツイッター経由で回っているようです。メロン記念日の人でしたっけ?そこまで詳しくはありませんが「This is 運命」はロックで気に入ってました参考動画。懐かしいな。本当ならめでたいニュース。南投手がこれを機にブレークしてくれたらいいなあ。読んでいただきありがとうございま...

続きを読む

大嶺の10years

ロッテについて考えることは喜びである。マリ男です。大嶺祐太投手が、高校時代の映像を見返しながら日刊記事原点回帰を模索しているという記事がありました。高校時代はもっと柔らかく体を使えていた―とのこと。彼の出身校、八重山商工が甲子園に春夏出場したのは2006年。沖縄の離島からは、初めての甲子園でした。春は2回戦、夏は3回戦まで進出。横浜、智弁和歌山といういずれも強豪校に敗れましたが、鮮烈な印象を残す戦...

続きを読む

ロッテ最強タッグ決定戦

ロッテについて考えることは喜びである。マリ男です。こんな記事が出ましたね。サンスポ記事。ロッテの話題王・アジャ井上&田中が緊急合体!「忘れてもらっちゃ困るゼ」プロレスチックでいいですねー。記者さんのセンスを感じます。申し遅れましたがマリ男はプロレスも大好きです。マリーンズには他にも「〇〇つながり」でタッグができそうな組み合わせがたくさんありますね。色々考えてみました。「イクセイスターズ」(岡田&西...

続きを読む

ヒーローインタビューのアレ

ロッテについて考えることは喜びである。マリ男です。去年はマリンの試合のヒーローインタビューの最後に選手が「熱くー」観客が「燃えてるー」という掛け合いが入るようになりました。今年もやるんですかね?何も情報がないのでそのままなのかもしれませんね。最初は選手も観客も戸惑い気味でしたけど、だんだん慣れてきましたし、さらに定着するかもしれません。コール&レスポンスという試みはとってもいいと思います。アーティ...

続きを読む