記事一覧

な・ん・や・そ・れ。酷過ぎる結末

M7-8×F70敗?ロッテについて考えて、もはや飲みたくもなくなってきた。マリ男です。唐川がいつぞやのようにグランドスラムを浴びて(確か横浜戦でしたか)、閉店しようかと思ったら珍しく打球が飛ぶ飛ぶ三木だ田村だペーニャだショーゴだ、だけどやっぱりカモメはカモメ、というかカモ。大谷にドヤ顔のドデカい一発を浴びて南は木端微塵、延長に入っても細谷がやるせない見逃し三振、でとどめのお笑い劇場。エラーで始まっ...

続きを読む

V消滅、元気なのは助っ人だけ

M2-4Fロッテについて考えることは喜びですか。マリ男です。まあ普通にやればこうなるという負け方なので試合についてはあまり語ることもないのですが、V完全消滅ですか。まだしてなかったのか…と、逆に驚いてしまいます。エキサイトしたスタン(まあ判定は確かに…でしたけど)、もう少し早く見たかったなあというペーニャの奮闘。良くも悪くも、目だったのはこの2人の助っ人だけ。何ともさびしい限り、5位が遠くなったとか...

続きを読む

恩返しより、勝負強さを

ロッテについて考えることは喜びである。マリ男です。恩返しはいらない、残り試合自分のために戦え-辞任する伊東監督の、そんな意味合いの言葉が報道されておりました。そうですよね。もっと早く恩を返すチャンスはいくらでもあったわけで、それを逃し続けぶち壊し続けての今の成績、体たらくです。頑張ったAクラスもありましたが、伊東マリーンズを振り返ってみるに、どうもここ一番での勝負強さや勢いが足りない気がしています...

続きを読む

誰が監督をやるにしても

ロッテについて考えることは喜びである。マリ男です。誰が監督をやるにしても、いや監督と同じぐらい大事かも、脇を固めるコーチ陣です。伊東政権当初もなかなかコーチ陣が固まらず苦労していた覚え、それだけ外から新しい人材を連れてくるのは色々と難しいところはあるのかもしれません。同じように人事が変わる他球団との兼ね合いもあるかも、それだけに今の時期から動けるのですから、とにかく次の監督を早く決めて、球団には周...

続きを読む

フランコねえ

ロッテについて考えることは喜びである。今日はノンアル、マリ男です。次期監督、報道は色々ありますね。フランコ、井口…中には元ハムのヒルマン監督(今韓国にいるの?)なんてのも。井口監督にして、補強にしっかり金をかけてイメージを一新、ってのが個人的な希望ですが、そもそもお金をかけてくれそうな気がしない上に、井口さんが引き受けてくれない気がしてきました。明らかに貧乏くじだし、そこまで義理堅く思ってくれてい...

続きを読む