記事一覧

ここでバラバラにならないで

M8-9Lロッテについて考えることは喜びである。意外と平静なマリ男です。ツイている、ツイていないってありますよね。されど人事をつくして天命を待つしかありません。とことんツイていない上に、ミスで自ら流れを手放してしまったのがマリーンズ、一方、何をやってもラッキーラッキー、ドヤ顔が止まらないのが西武の外崎、という構図の試合でしたね。問題の8回なんですけどね。アジャが執念で一二塁間を割り、もぎ取った2点...

続きを読む

打つ手なし

M0-3Bsロッテについて考えることは喜びである。マリ男です。まあ3安打ではどうしようもないですね。今思えば優しかった初戦の伊藤、マリーンズ大得意の若月を先発させたオリさんの勝ち、それまで。涌井はそれなりに頑張ったと思いますが、打線がブレーキでした。初物・左腕と厳しい条件がそろっていましたから厳しいのは承知でしたが、それにしても見えない工夫が悲しい。中軸が特にブレーキでしたね。2戦目を取っていれば...

続きを読む

つーか西武スゲーなあ

M3-4Bsロッテについて考えることは喜びであるが…惜しい試合でしたね。マリ男です。唐川、素晴らしいピッチングだったのですが一本打たれた後はガラガラと崩れ落ちてしまいました。どこかで彼のことを信用しきれない、こんなうまく行くはずない…とハラハラしていたのですが、嫌な予感が当たってしまいましたね。大事なのは失点したところでどう立て直すか。初期消火で踏ん張ってくれれば分からない展開だったかもしれません。...

続きを読む

ビバ完投。五右衛門の帰還

M5-3Bsロッテについて考えることは喜びである。マリ男です。わずか3安打で5点、なんてコスパのいい攻撃陣。ノーノーペースから突破口を開いた大地、ミスにつけ込んで逆転した後に粘って粘って3ベースの田村、もちろん高めのボール球をバチコーンとライトスタンドに決勝弾を叩きこんだ藤岡。みんなみんな素晴らしかったわけなんですけど、今日はこの男。3戦3勝の石川でしょうね。初回、エラーも絡んでなんとも嫌な形でス...

続きを読む

試されるカード

ロッテについて考えることは喜びである。マリ男です。まだ立ち直れないような気もする忌まわしい敗戦、忘れるには勝利しかありません。どうも不安定な中継ぎ陣に心強いニュース(日刊記事リンク)、大谷が昇格するようですね。2軍スタートが悔しすぎて1軍の映像が見られず、データで確認していたそうです。なんだか映像が見れなくてアプリで確認する時の我々ファンに通じるものがあるようなないような…ともあれ、その負けん気が...

続きを読む